熊本大學との取引にあたってのお願い

取引業者のみなさまには、不適正な取引防止のため下記についてご協力をお願いいたします。

1.法令等の遵守

1) 本學との取引にあたり、熊本大學発注工事請負等契約規則に規定している物品供給契約基準、役務提供請負契約基準、製造請負契約基準又は、工事請負契約基準を遵守いただくことが條件となっていますので、事前に內容をご確認下さい。
參照: 「熊本大學発注工事請負等契約規則」 (PDF 84KB)、
? 「役務提供請負契約基準」(PDF 142KB)、 「物品供給契約基準」 (PDF 132KB)、
? 「工事請負契約基準」(PDF 244KB)、 「製造請負契約基準」 (PDF 162KB)
2)本學との取引にあたり、調達の仕様を充分ご確認の上、納品等をしてください。なお、納品等の際、本學の検査に不合格であった場合には、速やかに交換等をしてください。
3)納品の際は、必ず検収所又は検収者の検収を受けてください。
>> 「物品の検収制度について」
4)発注は、原則として本學契約擔當部署の職員が行います。
ただし、1件50萬円未満(稅込)の物品等の購入等の発注については、教職員による発注を認めています。なお、関連のある物品等を50萬円未満(稅込)となるように意図的に分割して発注することは認めていませんのでご留意ください。
5)次のことを守ってください。
(1)本學との取引にあたり、贈賄?談合及び本學職員との癒著などが生じることがないようにしてください。
(2)教職員からの預け金の依頼に対する承諾や教職員に対し預り金の斡旋をしないこと。
(3)取引事実と異なる書類を提出しないこと。
(4)納品した物品等を持ち帰らないこと。
(5)本學が定める教職員による発注ができる範囲を超える発注であることを知りながら、教職員からの発注を受け納品しないこと。
※本學が、取引先に上記5)に反する不正または不誠実な行為があると認めた場合は、最長で24ヶ月の取引停止の措置を講じることになります。
參照: 「國立大學法人熊本大學の契約に係る取引停止等の措置要領」 (PDF 194KB)

2.取引先との連攜(パートナーシップ)

本學教職員から調達に際して不適正な要請があった場合には、當該要請には応じないようにしていただくとともに、本學の通報窓口にご連絡ください。
なお、不正が疑われる取引について、本學が不正または不誠実な行為として認知する前に本學に自ら申し出た場合には、情狀を考慮し、取引停止期間の短縮等措置を検討いたします。

【通報窓口(連絡先)】
國立大學法人熊本大學 総務部総務課長
〒860-8555 熊本市中央區黒髪2丁目39番1號
電話:096-342-3115
E-mail:koueki@jimu.kumamoto-u.ac.jp

3.誓約書の提出

本學 「取引業者からの誓約書の徴取要領」 (PDF 66KB)により、誓約書徴取の該當者には誓約書様式を送付しますので、受領された場合は、提出のご協力をお願いいたします。

4.反社會的勢力の排除等

本學が、以下について認めた場合には、それに応じた取引停止の措置を講じます。
(1)業者である個人若しくは業者の役員又は業者の経営に事実上參加している者が、集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行う恐れがある組織の関係者(以下「暴力団関係者」という。)であると認められたとき。
???當該認定をした日から無期限
(2)業者である個人又は業者である法人の役員が、業務に関し不正に財産上の利益を得、又は債務の履行を強要するために、暴力団関係者を使用したと認められるとき。
???6ヶ月以上12ヶ月以內
(3)業者である個人又は業者である法人の役員が、いかなる名義をもってするを問わず、暴力団関係者に対して、金銭、物品その他の財産上の利益を不當に與えたと認められるとき。
???6ヶ月以上12ヶ月以內

  1. 入札情報(物品?役務?製造?不動産貸付)
  2. 入札情報(工事?設計等)
  3. ?企畫競爭に関する情報へ
お問い合わせ
財務部財務課 総務?照査チーム 総務擔當
096-342-3155