男女共同參畫

全ての教職員が活躍できる熊本大學へ

熊本大學は、平成19年3月に國立大學法人熊本大學男女共同參畫推進基本計畫を策定し、これを基に全學一體となって具體的な取組みを計畫的に推進しております。この結果、教職員への各種支援や環境整備等を著実に行ってきたことが認められ、平成27年2月に「子育てサポート企業」に與えられる「くるみんマーク」(2回目?県內初)の認定を受けることができました。

これまで、文部科學省の女性研究者支援に関わる事業にも積極的に取組んでまいりました。
平成18年度にスタートした女性研究者支援モデル育成事業に採択され、女性研究者のためのプロジェクトを本格的に推進してまいりました。
また、平成22年度から平成26年度には、女性研究者養成システム改革加速プログラムに採択され、本學大學院自然科學研究科において、理學?工學系の優れた女性研究者を雇用し、人材の多様化、研究の活性化及び男女共同參畫事業のさらなる推進を図りました。平成27年度からは本プログラムを全學的な取り組みとして継続することが決定されています。
加えて、平成25年度から平成27年度には女性研究者研究活動支援事業(拠點型)に採択され、大學コンソーシアム熊本に加盟する機関と連攜して、これまで熊本大學で推進してきた女性研究者支援の取組みを熊本県內に普及する活動も実施しています。

これからも熊本大學は、男女共同參畫をさらに推進し、全ての教職員が活躍できるよう力を注いで參ります。


2015kurumin.jpg
お問い合わせ
男女共同參畫推進室
096-342-3281