1. ホーム
  2. FACOの利活用
  3. FACOの現地パートナーとなる現地、中核人材の活動調査

農林水産省 総合食料局支援 平成22年度農商工等連携促進対策中央支援事業

FACOの現地パートナーとなる 現地、中核人材の活動調査
   〜熱い想いをもつ! 現地の中核支援拠点担当者やコーディネーターたち〜

 食料産業クラスター事業に端を発する農林水産省の食農連携に資する活動は、経済産業省との共管による農商工等連携の推進を経て、平成22年度のいわゆる「6次産業化法」の施行により、生産者サイドを支援する活動も加わり、これまで以上に地域を応援する仕組みとなっています。

 これらの活動は、これまで地域を主体とした枠組みや連携体により推進されるとともに、現地で汗をかく担当者やコーディネーターにより支えられてまいりました。このような方々は、FACOが現地に入る際の良きパートナーとなります。 そこで、当該プログラムでは、これまで地域の中核人材として活動を推進されてきた5名の担当者や現地コーディネーターを選び、ヒアリング調査を実施するとともにレポートとしてとりまとめました。


活動調査レポート 一覧

拔山嘉友 北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センター
 拔山 嘉友さん

pdf 『コーディネーターは想いを担う現場監督』
畠山頼仁 秋田県中小企業団体中央会
 畠山 頼仁さん

pdf 『事務局は地域をつなぐゴールキーパー』
中川知之 中川 知之さん
pdf 『中小食品企業のための普及指導員? として』
森山洋憲 高知県工業技術センター
 森山 洋憲さん

pdf 『地域に必要なのはしっかりとした“工場づくり”』
福原邦拓 福原 邦拓さん
pdf 『コーディネーターはサービス業である』

お問い合わせ先

  FACOバンク事務局 担当: 江端(えばた)、長谷川(はせがわ)

  TEL :03-5567-1991  FAX :03-5567-1960

  E-MAIL :facobank*www.claytorlakeonline.com (*を@マークに変えてください)

ツ鮓ケサュセォニキエォテス2021メサカネヌ-ーャヌツ鮓ケセ郢カウエォテスヤレマ゚イ・キナ ケ篥オ醺ーヘ
スメカォマリ| ネタハミ| ク゚メェハミ| ク。ノスマリ| キ睛ウマリ| サィチォマリ| ミツイフマリ| コモスハミ| モホマキ| ヘュチハミ|