1. ホーム
  2. 現地コーディネーター研修開催報告
  3. 開催報告:地域コーディネーター人材育成研修(奈良県)

開催報告:地域コーディネーター人材育成研修【奈良県】

食農連携のための戦略手法 〜SWOT分析を駆使した地域戦略の分析手法を学ぶ〜

 2010年10月14日(木)奈良県経済倶楽部 経済会館で開催された「地域コーディネーター人材育成研修(奈良県)」は、約40名の方々にご参加いただき、大変盛況に終わりました。

 研修の参加者は、行政、連携支援機関、大学・研究機関、食品関連事業者、コンサルタントの方々など、日頃食農連携のコーディネート業務に携わる方々にお集まりいただき、講義とグループワークによる実践研修を通じ、大変有意義な研修の場となりました。

講義 13:30〜14:20

テーマ:
連携による食をとおした地域活性化
 〜SWOT分析を活用した地域の戦略ビジョン構築〜 ⇒研修資料pdf
講師:
社団法人食品需給研究センター 主任研究員 長谷川 潤一

主な講義内容

  • 食産業における連携をテーマとした取組
  • 食をとおした地域活性化に向けて〜地域戦略を作成する〜
  • (解説)〜SWOT分析を用いた食農連携の戦略構築・合意形成手法〜
  • (実習)〜SWOT分析を用いた食農連携の戦略構築・合意形成手法〜

奈良研修_講師

(長谷川講師)

 講義では、食産業における連携をテーマとした取組みについて、いくつかのモデルを示しながらわかりやすく説明されました。その上で、連携構築のためには合意形成による戦略構想をつくっていくことが重要であること、その戦略構築、合意形成手法の一つにSWOT分析があることが説明されました。さらに、具体的にSWOT分析を用いた食農連携の戦略構築・合意形成をどのように行うべきかについて、内部環境の強み(S)、弱み(W)、外部環境の機会(O)、脅威(T)の抽出の仕方、各々の項目を関連付けて、戦略に落とし込んでいく方法を順を追って、わかりやすく解説されました。

※SWOT分析とは、組織のビジョンや戦略を企画立案する際に利用する現状を分析する手法の一つ。 SWOTは、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の頭文字を取ったもの。主に、企業が経営戦略や経営計画を策定するために、自社の内部環境(経営資源)と外部環境(経営を取り巻く環境)の分析を行う際に活用されてきた手法。

実践研修 14:30〜17:00

テーマ:
奈良県の食料産業を対象にしたSWOT分析の実践
 〜ポテンシャル抽出と現状整理〜

実践研修の様子

 実践研修では、「奈良県の食料産業」をテーマとして、各グループごとに強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)について話し合い、整理をしました。研修参加者は、常日頃から主に奈良県内でのコーディネート業務に主体的に携わっている方をはじめ、奈良県外に所在し活動されている方もいらっしゃいました。奈良県内の方からは主に内部環境に関するコメントを、奈良県外の方からは外から見た奈良県の食料産業に対する内部環境や外部環境についてコメントを出していただくなど、各グループでは中身の濃い活発な議論が展開されました。 また、各グループに県内外から参加された食農連携コーディネーター(FACO)を配置したことにより、SWOT分析の進め方、グループ内で出された項目の関連づけやまとめ方などについてアドバイスを聞くことができたようです。

 実践研修の最後には、各グループでまとめた奈良県の食料産業に関するSWOTの結果を、それぞれのグループの代表者が発表しました。同一テーマでありながら、各グループ様々な結果が発表され、他グループの結果についても熱心に耳を傾けていました。さらに各グループの発表に対する講師からの講評があり、その先のクロス分析に関する解説も行われました。

奈良研修_グループワーク1

(グループワークの様子1)

奈良研修_グループワーク2

(グループワークの様子2)

奈良研修_グループワーク3

(グループワークの様子3)

奈良研修_発表1

(発表の様子1)

奈良研修_発表2

(発表の様子2)

奈良研修_発表3

(発表の様子3)

参加者からの声

  • 講義の資料内容がすっきりとまとめられているので理解する上で参考になりました。
  • 講師の話し方にテンポがあって、分かりやすく良かったです。
  • 次のステップも含めた講座もぜひお願いします。
  • SWOTを、連携性を通じてさらに分析していく点が非常に参考になりました。
  • 多様なメンバーと面識ができて有用でした。
  • 構成がとても良かったです。
  • 農業以外の分野でもSWOT分析は十分に活用できるとの実感を得ました。
  • 合意形成を行う難しさを実感できて有意義でした。
ツ鮓ケサュセォニキエォテス2021メサカネヌ-ーャヌツ鮓ケセ郢カウエォテスヤレマ゚イ・キナ ケ篥オ醺ーヘ
ハ貘シハミ| サッヨンハミ| チーイハミ| タヨイハミ| フカォマリ| ーヘキハミ| マトメリマリ| フオネマリ| カォマ醯リ| コヘヒウマリ|