薬學部

薬學部では、「薬學は醫薬を通じて人類の健康に貢獻する総合科學である」という基本コンセプトのもと、醫薬品の創製?生産?管理、環境?保健衛生?薬剤師などの仕事に関わる基礎的な知識を學び、生命科學における高い薬學的思考力と倫理観をベースとした創造性豊かな人材を育成することを目指しています。知識?技能?態度の3つの観點から、最新の講義や臨床実習などを行うことで、日進月歩の薬學分野において常に時代の風を感じ、將來を擔う薬の開発研究者や薬剤師として、あるいは衛生?社會薬學の分野で幅広く活躍できる、ハイレベルな薬の専門家の育成を目指しています。
卒業後の進路は、病院?薬局薬剤師、製薬?化學企業、官公庁など多彩ですが、半數以上は大學院に進學し、薬學研究者や高度薬剤師に就くケースも目立ちます。

教育情報の公表

1.大學の教育研究上の目的に関すること
01images.jpg
2.教育研究上の基本組織に関すること
02images.jpg
3.教育組織等に関する情報
03images.jpg
1)教員組織について 2)教員(専任教員)の數 3)教員の業績
4.學生に関する情報
04images.jpg
5.教育課程に関する情報
05images.jpg
6.學修成果に係る評価等に関する情報
06images.jpg
7.學修環境に関する情報
07images.jpg
1)キャンパス情報 2)大學施設の概要 3) 附屬図書館 (附屬図書館HP)
4) 福利厚生施設
5) その他の施設
6) 課外活動(サークル)の紹介
8.學生納付金に関する情報
08images.jpg
1) 入學料、授業料
2)その他の費用 3)宿舎に関する費用 4) 入學料等の免除、徴収猶予
5) 授業料免除
9.學生支援と奨學金に関する情報
09images.jpg
1)學內の學生支援組織 2) 奨學金の概要
3)留學生に対する支援 4) 障がい者に対する支援
5) その他學生支援の狀況
10.その他の公表情報
10images.jpg
【教育活動の狀況】
1)教育活動の規模 2) 學位授與數
3) 外國人教員數
4)研究成果に関する情報 5) 教育外部資金の獲得狀況

【國際化の狀況】
1)教育の國際連攜の狀況 2) 大學としての國際戦略
3)國際的な諸課題への取組の姿勢
熊本大學フォーラム
4) 國際化推進體制 (グローバル推進機構) 5)留學生への対応
6) 英語による授業のみで學位取得可能なコース等
7) 海外のOB會等の設置に係る情報
13.教育課程を通じて修得が期待できる知識?能力の體系

お問い合わせ
このページの項目に関してのお問い合わせは、項目毎のページを開いていただき、そのページに記載されている問い合わせ先にお願いいたします。