熊本大學における公正な研究活動の推進について

★ Click here for English Pages ? Promotion of fair research activities at Kumamoto University

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

本學では、近年の研究不正の発生を鑑み、公正な研究活動及び適切な研究費の執行を推進するために、平成27年2月に公正研究推進會議を最高管理責任者である學長の直下に設置し、研究不正の防止に取り組んでいます。

本學は、公正な研究活動を推進し、不正の発生する余地のない大學創りに努めて參ります。

熊本大學は公正な研究活動の徹底に努めます

研究活動における不正や、不適切な研究費の執行は、その不正が発生した研究機関の社會的信頼を損なうばかりか、人々の科學への信頼を揺るがし、科學の発展を妨げるものであり、決して許される行為ではありません。

これらの不正に対応するために文部科學省より「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日、文部科學大臣決定)、「研究機関における公的研究費の管理?監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日改正)として研究機関へ提示がありました。

熊本大學では両ガイドラインに対応するために、規則と責任體制を刷新し、公正な研究活動の推進に、なお一層取り組んでいます。

熊本大學職員としての誇りと社會的責任を十分認識し、研究者及び事務職員が相互に協力することにより、不正が発生する余地のない環境整備に努め、公正な研究活動の徹底を宣言します。

平成27年4月1日
國立大學法人熊本大學長
原田 信志

熊本大學における公正な研究活動の推進の取組

公正な研究環境の整備

公正な研究活動に関する規則?體制等

本學では、以下の規定?體制等を整備し、公正な研究活動の推進に取り組んでいます。

新體制図

(クリックすると拡大表示されます)

公正研究推進ハンドブック(Fair Research Handbook)

本學に所屬する教職員や大學院生を対象に、公正な研究活動を行うための基本的なルールを本學の規則等に基づいてわかりやすく解説したものです。

【動畫?説明資料】※學內のみ

通報窓口

?通報窓口とは...
「國立大學法人熊本大學における研究不正の防止等に関する規則」第15條における通報窓口
手段 學內 學外
郵送 〒860-8555
熊本市中央區黒髪2丁目39-1
総務部総務課長

〒862-0924
熊本市中央區帯山4丁目23-20
竹中?本田法律事務所 弁護士 本田 悟士

メール

koueki※jimu.kumamoto-u.ac.jp
(送信の際は※を@に換えてください)

satoshi.honda.1981※gmail.com
(送信の際は※を@に換えてください)

電話 096-342-3115 096-382-3188

研究倫理意識の向上

研究倫理教育 ※學內のみ

本學では、部局毎に定められたe-ラーニングによる研究倫理教育教材の受講により研究倫理教育を実施しています。

【參考】

誓約書(Affidavit)

「國立大學法人熊本大學における研究不正の防止等に関する規則」において、本學と雇用関係のある教職員は、研究不正防止に係る誓約書を提出しなければならないことが規定されています。
教職員の皆様におかれましては、速やかに誓約書の提出をお願いいたします。

學外講師による研究倫理教育研修

本研修は、學外講師による研究倫理教育研修です。「特定不正行為」とは何か、それらを行うとどうなってしまうのか、実際に他大學で起こってしまった不正事案等を用いながら、公正な研究を推進していくにあたっての研究倫理を學ぶことができます。

  • 講師:三宮 紀彥 氏(合同會社SKR総合リスク研究所)
  • 対象:教職員及び學生

【動畫?研修資料】※學內のみ

公正な研究活動を推進するために

【參考】 「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」の決定について(平成26年8月26日)

剽竊検出?チェックソフト「iThenticate」 ※學內のみ

本ソフトは、特定不正行為である「盜用」に関して、意図しない研究不正「引用の記入漏れ」を防ぐこと等に効果的です。

【マニュアル?Q&A】

論文執筆セミナー

本學では、エルゼビア社より講師を招き、研究に攜わる學生及び教職員を対象とした論文執筆セミナーを開催しました。どのような論文がアクセプトされやすいのか、また論文執筆に係る不正行為を未然に防ぐためにもご覧下さい。

論文投稿にあたっての留意事項(二重投稿を防ぐために)

研究不正である論文の二重投稿を防ぐための対策として、具體的な例を掲載します。

適切な研究費の執行を推進するために

【參考】 研究機関における公的研究費の管理?監査のガイドライン(実施基準)(平成26年2月18日改正)

換金性の高い物品及び特殊な役務について ※學內のみ

研究費を財源に購入した物品の転売、私的流用等の不正使用の防止を図るため、本學では、物品請求システムにより換金性の高い物品(パソコン?デジカメ等)及び特殊な役務(データベース?プログラム等)の管理を行っています。

旅費業務管理システム改修について ※學內のみ

本學では、より適切な出張申請及び用務遂行確認が行われるよう旅費業務管理システムを改修し、研究費の適切な使用に努めています。

「熊本大學における研究不正防止計畫」に基づく意識調査の集計結果について※學內のみ

公正研究推進事務室では、職員等のコンプライアンス及び研究倫理に関する意識の向上を目的として、意識調査を実施しました。
【調査概要】
 公的研究費の管理?執行/通報窓口、論文執筆?投稿時の研究倫理及び剽竊検出?チェックソフト「iThenticate」について
【実施期間】
 2020年1月6日~2020年1月24日
【集計結果】
 令和元年度「熊本大學における研究不正防止計畫」に基づく意識調査の集計結果について (PDF422KB)

Webによる研究不正防止研修會

Webによる研究不正防止研修會を開催します。

以下のページをご覧ください。

謝金受給に関する留意事項

過去に発生した不正行為の反省を踏まえ、今回は、特に謝金を受給?申請する際の注意點や、どのようなことが不正行為となってしまうのか、そうならないためにはどうすればいいのか等について、一緒に考えたいと思います。

また、令和2年11月実施分からの謝金の手続きについて重要な変更點がありますので、ご説明します。

參考

【「研究機関における公的研究費の管理?監査のガイドライン(実施基準)」に係るコンプライアンス教育用コンテンツ】

【ガイドライン等】

お問い合わせ
公正研究推進事務室
(研究?産學連攜部 研究推進課)
096-342-3242?3146