アドミッション?ポリシー

各教育部(研究科)のアドミッションポリシー

[教育學研究科] [社會文化科學教育部] [自然科學教育部]

[醫學教育部] [保健學教育部] [薬學教育部]

教育學研究科

教職大學院の課程

教職実踐開発専攻

本研究科では、研究力と開発力に支えられた高度な教育実踐力を備えた人材を育成する教育課程の編成を通じて、高度な実踐的指導力を備えた學校教員の養成を目的としています。この目的を達成するために、以下のような人を広く求めます。

1.専門性の高い教員をめざす人

2.教員に求められる必要な資質?能力を有する人

3.教育に関する高度な研究への情熱を有する人

社會文化科學教育部

博士前期課程

法政?紛爭解決學専攻

社會の様々な課題に対して関心を持ち、実踐面、理論面にわたる知識の獲得、調査分析能力の習得等を通じて、自ら課題解決のために実踐的に取り組もうとする人あるいは研究を進めようとする人を求めます。

  1. 司法書士?稅理士?社會保険労務士などの専門職、公共的な関係の仕事、政策に関わる仕事(國、自治體、民間企業、各種団體、NPO、シンクタンク、議會等)、企業?醫療機関?教育現場等の組織で紛爭解決能力を活かした仕事に就くことをめざす人、あるいは、現在それらに従事していて専門的知識や理論的な課題解決能力を高めたい人
  2. 現代の社會的課題に対して國際的視野を含めて研究を行うための能力を身に付けたい人
  3. 組織や地域社會などで高まる紛爭解決(問題解決)?合意形成?協働のニーズに対応しうる交渉紛爭解決?対話推進能力やマネジメント能力を身に付け、実踐できるリーダーをめざす人
  4. 法學、公共政策學、交渉紛爭解決學領域の研究職をめざす人

熊本大學?マサチューセッツ州立大學ボストン校紛爭解決學國際連攜専攻

近年、日本社會でも、人々の意識の変化、社會構造の変化、グローバル化等により、以前では考えられなかった紛爭(コンフリクト)現象が生じており、社會的課題となってきている。また、各地の様々な災害が、被災地域あるいはその外側にも紛爭をそのたびにもたらしており、その解決の手法及びシステムの構築が求められている。
そこで本専攻では、次のような人を求めます。

  1. 身近な人間関係、家庭、組織また地域、國、國際社會レベルなどの、ローカルな、またグローバルな紛爭を現代社會の重要で必須の課題として捉える人
  2. そうした紛爭の法的または公共政策的な解決のみならず、対話や行動科學に基づく方法などによって、相互的?建設的に、そして平和的に解決する方法?システムを學び、より良い社會の創出に貢獻したいという意欲に満ちた人
  3. 英語を共通言語として學び、海外での學習に意欲のある人
  4. 日米の文化的な相違にも関心を払い、協調して學習する意欲のある人

現代社會人間學専攻

人文?社會に関わる學術領域の研究方法あるいは學際的な研究方法を身に付けることにより、人間や社會における現代の諸問題を理論的、実踐的に解決したい人を求めます。

  1. 東アジア地域におけるビジネスの現場で、日中の相違から生じる諸問題を解決し、スムーズなコミュニケーションを図ることのできる能力を身に付け実踐できる職業人をめざす人
  2. 現代社會の倫理的諸問題を理論的?実証的に捉え、それを実踐や研究に活かす能力を身に付けることをめざす人
  3. フィールドワークを主とした調査方法論に基づき、國內外の社會文化的、言語的、地理的諸現象を実証的?論理的に研究することをめざす人
  4. 認知という枠組みから人間を理解する哲學や心理學の方法を通じて、現代社會の実踐的問題に対して合理的?客観的に対処する能力を身に付けたい人

文化學専攻

歴史學、考古學、民俗學、日本?東アジアの言語と文學、歐米の言語と文學の諸領域において、學術的知見を基盤として、高度かつ実踐的能力を修得し、文化行政、教育、マスコミ等の分野で専門的職業人として活動できる人、およびそれぞれの學術領域の研究の基礎を修め、引き続き博士後期課程において専門を深めうる研究の擔い手を育成することを目標としています。このような観點から、本専攻は次のような人を求めます。

  1. 地域の歴史や文化に根ざした文化行政?博物館學蕓員のエキスパートをめざす人
  2. 日本語日本文學?中國語中國文學の學術的成果を礎に、授業に広がりと深みを與える國語教員をめざす人
  3. 高度な理論と実踐力を兼ね備えた、現場での英語教育改善で先進的役割を擔える専門職をめざす人
  4. 高度の史料読解力を基盤に、歴史事象を主體的に研究するスキルを身につけることをめざす人
  5. 東アジアの言語?文學?民俗について専門的にかつ広い視野に立って東アジア文化研究をめざす人
  6. 英語やドイツ語やフランス語の高度な能力を培い、言語?文學研究や國際交流などの専門家をめざす人

教授システム學専攻

教授システム學専攻(博士前期課程)は、幅広い教養と読解力?理解力?表現力などの基礎學力の上に、教授システム學を修得したeラーニングの専門家になるための適性を有し、かつ厳しい勉學に耐え得る強い意志と學習意欲のある人を求めます。さらに社會人にあっては、豊かな社會経験を有する人を求めます。かつ、次のようなコンピテンシーを身につけることをめざす人を求めています。

  1. さまざまな分野?領域におけるeラーニング事例をふまえ、教授システム學の基礎的知見に照らし合わせてコース開発計畫書を作成し、ステークホルダごとの著眼點に即した説得力ある提案を行うことができるようになることをめざす人
  2. LMSなどの學習支援システムの機能を活かして効果?効率?魅力を兼ね備えた學習コンテンツが設計でき、開発できるようになることをめざす人
  3. 開発チームのリーダーとして、コース開発プロジェクトを遂行できるようになるとともに、人事戦略やマーケットニーズに基づいて教育サービス?教育ビジネスの戦略を提案できるようになることをめざす人
  4. ネットワーク利用に関わる法律的?倫理的な問題を認識し、解決できるようになることをめざす人

博士後期課程

人間?社會科學専攻

人間?社會科學専攻は、公共政策學、法學、交渉紛爭解決學、先端倫理學、フィールドリサーチ及び認知哲學?心理學の各領域に関して、最先端の學問水準に基づく高度な研究を遂行する研究者を志す人、及び學術知と実踐知の融合により地域においてまた國際的に活躍できる高度専門職業人をめざす人を求めます。

  1. 公共政策學領域において研究者および高度専門職業人をめざす人
  2. 法學領域において研究者および高度専門職業人をめざす人
  3. 交渉紛爭解決學領域において研究者および高度専門職業人をめざす人
  4. 先端倫理學領域において研究者および高度専門職業人をめざす人
  5. フィールドリサーチ領域において研究者および高度専門職業人をめざす人
  6. 認知哲學?心理學領域において研究者および高度専門職業人をめざす人

文化學専攻

文化學専攻は、英語教授學、歴史學、考古學、民俗學、日本?東アジア?歐米の言語と文學の諸領域において、文化的諸課題に関する自立的な研究活動を遂行することのできる、豊かな學識を基盤とした、より高度な研究能力、専門性、応用力を育むことを目標とします。以上のような観點から、本専攻は次のような人を求めます。

  1. 英語教授學領域:応用言語學、第二言語習得論、教育方法論等の最新の理論的枠組み?研究成果を批判的に考究し、現在の英語教育が抱える理論的?実踐的課題への応用を図り、研究者および高度専門職業人をめざす人
  2. 歴史學領域:高度の専門的學力を身に付け、研究機関において學術の発展に寄與することをめざす人、また博物館や自治體等において文化行政業務の質的向上をめざす人
  3. 日本?東アジア文化學領域:日本と東アジアの民俗文化、言語、文蕓それぞれに関する研究を深めるとともに、東アジアの文化全般にわたる知見を身に付け、各専門分野の研究者および高度専門職業人をめざす人
  4. 歐米文化學領域:英米語學?文學、ドイツ語學?文學、フランス語學?文學の各専門分野における研究者および高度専門職業人をめざす人

教授システム學専攻

教授システム學専攻(博士後期課程)は、幅広い教養と読解力?思考力?表現力等の基礎學力及び教授システム學に関する知識の上に、教授システム學領域の教育研究者又は研究能力を活かす高度職業人になるための適性を有し、かつ、厳しい勉學に耐え得る強い意志と學習意欲のある人を求めます。さらに、社會人にあっては、豊かな社會経験を有する人を求めます。かつ、次のような研究推進能力を身につけることをめざす人を求めています。

  1. 教育工學における社會科學的な研究方法を身につけることをめざす人
  2. eラーニングシステムに関する情報學的な研究方法を身につけることをめざす人
  3. 教授システム學研究の最新動向を把握し、研究者としての活動に活かすことをめざす人

自然科學教育部

博士前期課程

基礎科學から応用技術までの創造的先端技術に対応するため、分野ごとの固有で堅実な基礎學力、基本的なプレゼンテーション能力、さらには、科學?技術全般に対する強い好奇心?學習意欲を持ち、新しい課題に対して高い目的意識をもって挑戦し問題解決を目指すことができる人を求める?

理學専攻

本専攻では、數學や物理學?化學を基礎に置く人類の知的財産としての學問の継承?発展のみならず、生命現象の解明や地球環境?エネルギー問題など現代社會が抱える諸課題の根底にある真理を科學的に究明する。そのために必要な理學に共通する知識や思考法?哲學を身につけ、高い倫理観を持つ理學のスペシャリストとして國際的に広く社會に貢獻できる人材の養成を目標とする。
以上のような観點から、本専攻は、次のような人を求める?

  • 理學研究に必要な學力を備え、論理的思考?処理能力の高い人
  • 真理の探究に情熱を持つ人
  • 自然科學の基礎を幅広く理解し、かつ、高度の専門知識を得ようとする人
  • 様々な學問に関心を持つ人

土木建築學専攻

本専攻においては、自然環境の保全、および社會基盤施設や建築の計畫、設計、建設、管理、ならびに防災?減災といった土木?建築分野にわたる、より深い専門的知識を備え、自然と共生し持続可能な社會の構築に資する能力を有する高度な研究者?技術者の養成を目的としている。
以上のような観點から、本専攻は、次のような人を求める。

  • 土木?建築分野にわたる基礎から応用までの知識により、獨自の視點を持って種々の問題解決ができる能力を修得し、將來、土木や建築に攜わる高度職業人として、高い倫理観を持って人類の福祉と幸福に貢獻することを希望している人
  • 數學?力學関係の基礎的素養、社會に関する幅広い教養、および人間環境の創造に関する強い関心を持ち、入學後も、自己責任の下に自立的に活動し、自らの能力向上を行う強い意志を持っている人
  • 英語力を含め國際的なレベルでの情報交換が可能なコミュニケーション力を持ち、個性を活かしつつも、グループで協働する資質を有している人

機械數理工學専攻

本専攻においては、機械系の知識に加えてその基礎分野となる応用數學も含めて、基礎から応用までのものづくり教育に取り組み、広く社會で活躍できる高度な研究者?技術者の養成を目的としている。
以上のような観點から、本専攻は、次のような人を求める。

  • 機械要素技術やコンピューター技術による生産プロセスに関する知識と、それらを數理モデルに展開できる基礎から応用までの知識を修得し、高い倫理観を持って新しい課題や困難な問題に積極的に取り組む意欲がある人
  • 深い専門知識と豊かな教養を身につけ、科學技術、特に機械および數理工學の分野で人類の幸福や秩序ある社會の推進に貢獻することができる人
  • 國際的な視野とレベルを持って活躍する高度な技術者や教育者を目指している人

情報電気工學専攻

本専攻においては、情報電気電子分野の多様な社會的ニーズに対応できる基礎から応用までの知識を有し、創造力かつ柔軟な思考を備えると共に新たな技術を創出し、課題を解決出來る高度な研究者?技術者の養成を目的としている。本専攻における教育研究対象は、情報科學、計算機工學、電子通信工學、人間工學、エネルギー工學等を含んだ広範囲の領域に及んでいる。従って、本専攻では、確実な専門基礎知識を持っているだけではなく、幅広い領域の工學基礎知識を柔軟な思考によって自分の専門に活かすことができ、かつ新しい課題を発見し解決する意欲を持った學生の入學を望んでいる。
以上のような観點から、本専攻は、次のような人を求める。

  • 不思議なものに対する飽くなき好奇心を持ち、論理的探求心の旺盛な人
  • 様々な學問に関心を持ち、その基礎や応用を深く理解したい人
  • 工學をもって人類の福祉に貢獻しようという高い公徳心を持つ人
  • 情報電気電子分野のものづくり現場で科學技術や知的財産をもって貢獻したい人
  • 國際的視野を持つ創造性豊かな技術者?研究者に成長しようという意志を持つ人

材料?応用化學専攻

本専攻においては、材料工學、物質化學、生命化學に基づき、科學技術および産業社會の発展と持続可能な循環社會の構築に貢獻できる高度な専門知識を備え、最先端の技術を有する研究者、技術者の養成を目的としている。
以上のような観點から、本専攻は、次のような人を求める。

  • 材料工學、もしくは物質化學や生命化學の分野において、次世代を擔う研究者、技術者として必要な高度な専門知識と技術の修得を目指す人
  • 材料工學、もしくは物質化學や生命化學の分野において、創造力および行動力、チャレンジ精神を持って、新物質の創出や新材料の開発に貢獻する意志のある人
  • 多様性への理解と多角的な視野を持ち、國際的な場で活躍できる研究者、技術者を目指す人
  • 高い倫理観を持ち、豊かな未來社會の構築に貢獻する意欲のある人

博士後期課程

自然科學の広範な分野に対する興味と教養ある社會人?國際人としての自覚を有し、科學?技術の先端分野へ果敢に挑戦する強い目的意識と意欲を持ち、新たな課題を自ら見出し解決してゆく能力と柔軟な創造力を磨き高めようとする人を求める?

理學専攻

本専攻は、自然科學に関する深い専門的知識と洞察力を備え、広い視野と高い倫理観を持ち、自ら國際的に通用する研究を展開できる人材の養成を目的としている。これにより、修了後は自立した研究者として自らの研究テーマを構築し、最先端の研究を切り開くことのできる人材、あるいは教員や公務員、企業に所屬する高度専門職業人として、理學の専門知識を用いて活躍できる人材の養成を目指す。
以上のような観點から、本専攻は、次のような人を求める?

  • 自然科學に関する確かな知識と論理的思考によって、課題に取り組むことができる人
  • 自然科學に高い関心を持ち、學問に精進努力する人
  • 先端科學の発展とその応用を目指す強固な意志を持つ人
  • 我が國はもとより世界のリーダーを目指す人

工學専攻

本専攻は、人類の幸福を目指し人間性豊かで活力ある社會を築くため、新しい科學技術の開発や従來技術の機能的連攜?再編を行いながら、多様化する社會環境の変化に対応し得る総合的な教育?研究を行い地域社會と國際社會に貢獻する指導的役割を擔う高度な専門性と研究能力を備える先導的な人材の養成を目的としている。
以上のような観點から、本専攻は、次のような人を求める。

  • 土木建築、機械數理工學、情報電気工學、材料?応用化學に関連する該當する教育プログラムをより深く學習?研究する意欲を持ち、基礎工學から応用技術までを含めた総合的先端技術開発に対応するために各分野で必要とされる基礎學力を有する人
  • 専門的知識を活かして人類繁栄のために貢獻し、我が國はもとより世界のリーダーを目指す人
  • 次世代の高度な科學技術を確固たる倫理観と責任感を持って主體的に発展させ、次代を擔う気概と強い意志を持つ人
  • 各學問領域における確実な専門性を基本とし、広範な知識とコミュニケーション力をもとに異分野と連攜しながら地域社會や國際社會における諸問題に対して主體的に解決していく意欲を持つ人

醫學教育部

熊本大學大學院醫學教育部は、高度な醫學?生命科學の知識および思考力を備えた、研究者、教育者ならびに高度専門職業人を育成することを目的としています。

修士課程

醫科學専攻

醫科學専攻(修士課程)は、醫學部、歯學部、獣醫學部(科)以外の多様な大學學部卒業者、ならびにこれと同等以上の學力を有すると認められた者に醫學?生命科學の基礎知識を修得させ、技術革新によってもたらされる新しい醫學?醫療領域にも対応できる研究者と教育者を育成するとともに、高度の専門知識をもって醫學?醫療?生命科學の分野で活躍できる高度専門職業人を育成することを目的としています。このような設置理念と目的に基づき、次のような人を求めています。

  1. 醫學?生命科學に興味をもち、最先端の醫學?生命科學領域に対応できる研究者、教育者あるいは高度専門職業人になる能力と意欲をもった人
  2. 修士課程における研究をさらに発展させるべく、博士課程に進學する意欲をもつ人
  3. 博士課程に進學して、エイズ學、発生?再生醫學、代謝?循環情報醫學などの分野の高度専門職業人になる意欲を強くもつ人
  4. 博士課程に進學して、地域?アジアで活躍するグローカルな健康生命科學パイオニアになる意欲を強くもつ人

博士課程

醫學専攻

博士課程(醫學専攻)は、醫學?生命科學の幅広い知識および深い思考力を備えた、専門分野における國際的研究能力を有する研究者、教育者ならびに高度専門職業人、あるいは高い研究志向および問題解決能力を有する、高度醫療専門醫師を育成することを目的としています。このような設置理念と目的に基づき、次のような人を求めています。

  1. 教育?研究を通して、將來の我が國および諸外國の醫學?生命科學に貢獻する能力と熱意を持つ人間性豊かな人
  2. 研究を通して國內外の人々との交流を実踐し、醫學?生命科學の分野において世界をリードする研究と教育の展開を志す人
  3. 在職中の社會人として、醫學?生命科學の研究に取り組む熱意と能力を持った人
  4. 醫學以外の多彩な學問領域において高い基礎學力を身につけ、醫學?生命科學の教育、研究あるいは社會還元を志す人
  5. エイズ學、発生?再生醫學、代謝?循環情報醫學などの分野の高度専門職業人を強く志す人
  6. がん研究とがん醫療の臨床習練をともに行い、がん診療に関係する専門醫あるいは認定醫の資格取得を志す人
  7. 地域?アジアで活躍するグローカルな健康生命科學パイオニアになる意欲を強くもつ人

保健學教育部

博士前期課程

保健學専攻

保健學専攻博士前期課程では、學士課程における専門教育をさらに高度化、専門化し、「保健?醫療?福祉領域の包括的、先端的な教育?研究を通して保健學の學問體系を確立し、その成果を社會に還元することにより、國民の健康と福祉の発展に貢獻する」ことを基本理念とし、「人間の尊厳を軸とした高い倫理観を基盤とした豊かな人間性を備え、高度な専門的知識を持ち、醫療現場でリーダシップを発揮できる高度専門職業人及び教育?研究者を養成する」ことを目的としています。
以上の観點から、本課程では次のような人を求めています。

  1. 國民の健康ニーズに貢獻する情熱を持っている人
  2. 保健學専攻の教育を受けるための基礎學力を持っている人
  3. 保健學に対する高い追求心を持ち、主體的な勉強及び自己啓発に積極的である人
  4. 保健?醫療?福祉現場での実踐的指導者(高度専門職業人)又は教育?研究者を目指している人
  5. 専門分野において地域貢獻するとともに、國際的な広い視野で物事を考え、活躍する意欲のある人

博士後期課程

保健學専攻

博士後期課程では、博士前期課程における、看護學、放射線技術科學及び検査技術科學の各分野の知識?技術をより発展させ、かつ統合することにより、『保健學の學問體系を確立し発展させること』を基本理念とし、人間の健康の維持?増進や地域醫療の質の改善と向上を念頭に置き、「幅広い視野と専門性に立腳した教育?研究能力を兼ね備え、さらに研究チ-ムやチ-ム醫療のリ-ダ-としての役割を擔える人材」すなわち「醫療現場における高度な醫療専門職業人及び研究能力に優れた人材」を養成することを目的とすると共に「高等教育機関における教育?研究者」を養成します。

本専攻の定めるアドミッションポリシーは次のとおりです。

  1. 國民の健康ニーズに貢獻する情熱を持っている人
  2. 保健學専攻の教育を受けるための基礎學力を持っている人
  3. 保健學に対する高い追求心を持ち,主體的な勉學及び自己啓発に積極的である人
  4. 保健?醫療?福祉の分野で教育?研究者または実踐的指導者を目指している人
  5. 専門分野において地域貢獻するとともに、國際的な広い視野で物事を考え、活躍する意欲のある人

薬學教育部

博士前期課程

創薬?生命薬科學専攻

本教育部は「創薬?生命薬科學専攻」及び「醫療薬學専攻」からなり、學士課程教育で培われた基礎薬科學、生命科學、醫療系薬學および衛生?社會系薬學の素養を基盤にして、各専門分野で自立し、かつ指導性を発揮できる、いわゆる高度な薬の専門家および生命科學者の育成を目指している。本教育部「創薬?生命薬科學専攻」では、醫薬品創製の現場で主導的役割を果たすゲノム創薬と基盤的創薬の研究者?技術者の育成、先端的な生命科學分野および環境科學分野の研究者?技術者の育成を目標としている。

薬學教育部の理念?ミッションに沿った教育?研究を行い、各分野における基盤的研究および最先端の研究を通して薬學および生命科學の將來を擔う高資質な人材を育成するため、本教育部では次のような學生を求める。

  • 深い人間愛と國際性を涵養できる學生
  • 科學的探求心や知的好奇心が旺盛な學生
  • 多様な社會のニーズに即応できる、柔軟性豊かな學生
  • 自らの將來に対するビジョンと信念を有する學生
  • 問題提起能力および問題解決能力に優れる學生

博士後期課程

創薬?生命薬科學専攻

本教育部は「創薬?生命薬科學専攻」及び「醫療薬學専攻」からなり、學士課程教育で培われた基礎薬科學、生命科學、醫療系薬學および衛生?社會系薬學の素養を基盤にして、各専門分野で自立し、かつ指導性を発揮できる、いわゆる高度な薬の専門家および生命科學者の育成を目指している。本教育部「創薬?生命薬科學専攻」では、醫薬品創製の現場で主導的役割を果たすゲノム創薬と基盤的創薬の研究者?技術者の育成、先端的な生命科學分野および環境科學分野の研究者?技術者の育成を目標としている。

薬學教育部の理念?ミッションに沿った教育?研究を行い、各分野における基盤的研究および最先端の研究を通して薬學および生命科學の將來を擔う高資質な人材を育成するため、本専攻では次のような學生を求める。

  • 深い人間愛と國際性を涵養できる學生
  • 科學的探求心や知的好奇心が旺盛な學生
  • 多様な社會のニーズに即応できる、柔軟性豊かな學生
  • 自らの將來に対するビジョンと信念を有する學生
  • 問題提起能力および問題解決能力に優れる學生
  • 創薬科學?生命科學やその基礎となる科學に強い関心をもち、醫薬品の研究者?開発者、生命科學研究者あるいは教育者など、創薬科學や生命科學を通して社會に貢獻しようという意欲を有する學生

博士課程

醫療薬學専攻

本教育部は「創薬?生命薬科學専攻」及び「醫療薬學専攻」からなり、學士課程教育で培われた基礎薬科學、生命科學、醫療系薬學および衛生?社會系薬學の素養を基盤にして、各専門分野で自立し、かつ指導性を発揮できる、いわゆる高度な薬の専門家および生命科學者の育成を目指している。本教育部「醫療薬學専攻」では、臨床の現場で薬の本質を深く理解した醫療の擔い手として醫薬品の適正使用に貢獻できる高度な指導的臨床薬剤師の育成、疾病の予防及び治療に貢獻する臨床研究者の育成を目標としている。

薬學教育部の理念?ミッションに沿った教育?研究を行い、各分野における基盤的研究および最先端の研究を通して薬學および生命科學の將來を擔う高資質な人材を育成するため、本専攻では次のような學生を求めます。

  • 深い人間愛と國際性を涵養できる學生
  • 科學的探求心や知的好奇心が旺盛な學生
  • 多様な社會のニーズに即応できる、柔軟性豊かな學生
  • 自らの將來に対するビジョンと信念を有する學生
  • 問題提起能力および問題解決能力に優れる學生
  • 醫療?健康?環境やその基礎となる科學に強い関心をもち、研究者?教育者あるいは薬剤師など醫療薬學?臨床薬學の関わるさまざまな領域で指導的立場に立って社會に貢獻しようという意欲を有する學生を求める。
お問い合わせ
學生支援部 入試課
096-342-2712