新型コロナウイルス感染癥対策にかかる施設の使用停止の協力要請を踏まえた本學の対応について(2020.4.24更新)

※下線部分を更新

學??教職員各位



 4?16?に出された全都道府県を対象地域とする緊急事態宣?に基づき、4?21?、熊本県は「?學を含む施設の使用停止の協力要請」を4?22?から実施することを公表いたしました。

 本學といたしましては、現在の感染狀況に照らした?動の制限等について、新型コロナウイルス感染癥対策會議において決定の上、実施しておりますが、熊本県からの施設の使用停止の協力要請が出されたことから、これまでの考え方を踏まえ、以下のように?動制限の徹底を図ることといたしました。?

  1. 授業については、遠隔授業による開講とし、対?授業によるものは6月1日(月)5月7日(木)開始予定です。ただし、今後の狀況によっては、さらに変更する場合もありますので、最新の情報を確認するようにしてください。

  2. 研究活動については、継続した実験等を行っており中止すると當該研究の遂行に著しい支障が生じる場合、新型コロナウイルス感染癥対策に直接的に関わる研究を実施する場合、実験生物等の世話をする必要がある場合などには、當該業務に従事する者の出勤を當番制あるいは交代制にするなどの工夫を行い、出勤者をできるだけ最少の人數にしてください。
     なお、學?の皆様においても、各研究室の責任者の指?に従ってください。

  3. 在宅勤務(テレワーク)については、可能な職員について、できるだけ在宅勤務(テレワーク)を実施するものとします。なお、學生の教育、支援等に係る相談対応等の業務を行う必要がある場合、業務システム(人事給與システム、財務會計システム、物品請求システム等)を用いて重要かつ緊急の業務を行う必要がある場合などには、當該業務に従事する者の出勤を當番制あるいは交代制にするなどの工夫を行い、出勤者をできるだけ最少の人數にしてください。
     また、病院については、広域醫療圏の拠點病院の役割?機能の維持?継続が必要であるため、在宅勤務の実施は困難な狀況ですが、可能な限り業務負擔の軽減に努めることとします。

 これらの対応は、本學及び社會の安全を確保するための極めて重要な措置と考えます。現段階での?動制限が徹底されず、熊本県が特定警戒都道府県と指定された場合、登校禁止、?學閉鎖という選択肢が現実味を帯びてきますので、構成員??ひとりが危機感を持ち、本學學??教職員としての良識ある?動を取っていただくよう重ねてお願いいたします。

??

                                  令和2年4?24 22? 
                                   熊本大學長  原 田 信 志