ケトン體合成の新たな作用を発見~ケトン體合成によるミトコンドリア保護~

【ポイント】

  • ケトン體合成によりミトコンドリアが保護されるメカニズムを解明しました。
  • 新生児期にケトン體合成が活性化される意義を明らかにしました。

【概要】

 熊本大學大學院生命科學研究部 循環器內科學講座、熊本大學國際先端醫學研究機構、熊本大學大學院生命科學研究部附屬健康長壽代謝制御研究センターの有馬勇一郎助教、西山功一準教授、辻田賢一教授らは、ケトン體合成不全マウスを作製?解析し、ケトン體合成にミトコンドリアを保護する作用があることを確認しました。

 本研究成果は、醫學雑誌「Nature Metabolism」にグリニッジ標準時(UTC)時間の令和3年2月18日(木)16:00【日本時間の2月19日(金)1:00】に掲載されました。

 なお本研究は、熊本大學生命資源研究?支援センター 資源開発分野の中川佳子研究員、竹尾透教授、熊本大學発生醫學研究所 細胞醫學分野の日野信次朗準教授、中尾光善教授ら複數の研究グループとの共同研究です*1。日本學術振興會、日本醫療研究開発機構(AMED)など複數の研究助成を受けて行われました*2

【研究資金等】

*1本研究は熊本大學以外においても以下の研究室に御協力いただきました。

  • 広島大學大學院統合生命科學研究科分子遺伝學研究室 山本卓教授、佐久間哲史準教授(ケトン體合成不全マウスの作製)
  • 東京大學 代謝生理化學分野 栗原裕基教授、礪波一夫助教、北沢悠美子博士(Sirtuin3過剰発現マウスの作製?提供)

*2本研究は以下の助成を受けて行われました。

  • 有馬勇一郎:科學研究費補助金(19K08520,17K16014)、日本循環器學會基礎研究助成、公益財団法人住友財団基礎科學研究助成、武田科學振興財団研究助成、かなえ醫薬振興財団助成、小野醫學研究財団研究奨勵助成、日本応用酵素協會
  • 竹尾透:日本醫療研究開発機構(AMED)創薬基盤推進研究事業「マウスバンク機能の拡充による創薬イノベーションの迅速化」
  • 辻田賢一:科學研究費補助金(18K08110)

【論文情報】

    • 論文名:Murine neonatal ketogenesis preserves mitochondrial energetics by preventing protein hyperacetylation
    • 著者:Yuichiro Arima*, Yoshiko Nakagawa*, Toru Takeo*, Toshifumi Ishida, Toshihiro Yamada, Shinjiro Hino, Mitsuyoshi Nakao, Sanshiro Hanada, Terumasa Umemoto, Toshio Suda, Tetsushi Sakuma, Takashi Yamamoto, Takehisa Watanabe, Katsuya Nagaoka, Yasuhito Tanaka, Yumiko K Kawamura, Kazuo Tonami, Hiroki Kurihara, Yoshifumi Sato, Kazuya Yamagata, Taishi Nakamura, Satoshi Araki, Eiichiro Yamamoto, Yasuhiro Izumiya, Kenji Sakamoto, Koichi Kaikita, Kenichi Matsushita, Koichi Nishiyama, Naomi Nakagata, and Kenichi Tsujita 
      (*These authors equally contributed to this work.)
    • 掲載雑誌:Nature Metabolism
    • doi:10.1038/s42255-021-00342-6
    • URL:https://www.nature.com/articles/s42255-021-00342-6

【詳細】 プレスリリース本文 (PDF475KB)

お問い合わせ
熊本大學大學院生命科學研究部 循環器內科學講座
擔當:助教 有馬勇一郎(ありまゆういちろう)
電話:096-373-5175
E-mail:arimay※kumamoto-u.ac.jp
(迷惑メール対策のため@を※に置き換えております)